シベリアンハスキーの魅力と飼育のしかた

<大きくてふわふわなシベリアンハスキー/h3>
数多くのペットの中でも、犬は昔から人に愛されていて
最も多く買われている動物だと思います。
小型犬が人気となっていますが、
最近は映画や地方犬の人気のおかげで中型犬や大型犬のように、
体が大きい犬が良いという人が増えているのです。

シベリアンハスキーは、シベリアで冬場はそりをひく犬として
夏場をボートをひく犬として大変役立っています。

スタイルの良い中型犬で、オスは体重が25キロから30キロぐらいで、
メスはオスに比べると体がやや小さめです。
同じ速度を保ちながら、長時間走行することが出来る持久力を持っています。

おおかみのような外観なので少し近寄りがたい雰囲気がありますが、
ふわふわの被毛がとても美しく、
温和で人懐こい性格なので一般家庭でもよく飼育されています。
毛の生えかわりの時期は被毛が深いので、
かなりの抜け毛が出るので丁寧にブラッシングをしてあげるようにしましょう。

健康管理のコツ

あまり人や犬に吠えないのが特徴になっているので室外でも飼育は可能ですが、
暑い時期はエアコンを必要とするので、室内で飼育したほうが良いと思います。
胃腸が丈夫なので市販のドッグフードを与えている方が多いですが、
年齢を重ねると病気に罹りやすくなるので、
無添加の高品質なフードを若い頃から食べさせてあげるようにすると良いですね。
とても活発なので運動量が必要な犬種だと言われています。

暑い時期は涼しい時間帯を選んで散歩をさせてあげることが大切ですし、
また熱中症になりやすいので十分注意をしてあげて下さい。
シベリアンハスキーの子犬を飼いたいと考えている方は
以下のことに注意をしてあげるようにして下さい。

環境が変化すると、子犬はとてもストレスを感じているので、
慣れるまでの間はある程度は好きなように遊ばせてあげるのがベストです。

ゲージに入れると鳴く子犬もいますが、なるべくかまわないことが重要になります。
かまうと出してもらえると思ってしまうので、ゲージに慣れさせることが大切です。
迎え入れてから2週間ぐらい経過したら、動物病院に行って健康診断を受けさせてあげるようにして、
ワクチン接種をしてもらいましょう。

ワクチンを接種することで、子犬が罹りやすい病気を予防することが出来ます。
人によく慣れて愛らしい犬種ですが、体が大きいので小型犬よりは手が掛かります。
子犬のうちからきちんとした躾をしておくと、飼育がしやすくなりますよ。

年齢を重ねると歯の病気に罹りやすくなるので、
定期的に獣医師にクリーニングをしてもらって下さい。