ジャーマン・シェパード・ドッグ

軍用犬として世界中に輸出された過去を持つ大変優秀なジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグは、第一世界大戦の頃に優秀な犬を作出するために、身体能力、知的能力が高く、飼い主に忠実な性格を持つ優秀な犬を集めて交配させることによって生まれた犬種です。
そして、ドイツ軍によって軍用犬として用いられることになります。

勇敢で身体的にも知的にも大変能力に優れたジャーマン・シェパード・ドッグは、世界中に認められることになり、多くの国に輸出されることになります。
統計によると、一時期20万頭ものジャーマン・シェパード・ドッグが軍用犬として用いられていたという報告もあり、いかにジャーマン・シェパード・ドッグが優秀であるかを裏付けています。
日本にも大戦中にジャーマン・シェパード・ドッグが入り、各地で訓練所が設けられることになります。

世界大戦が終わると、ナチスの軍用犬というイメージがあったため、一部の地域で虐殺されるという悲惨な出来事も生じましたが、その能力の高さに注目した人々が、災害救助犬や警察犬などに用いるようになりました。
現在でも様々なシーンで活躍して、特殊な任務を受けることさえある犬として、とても知名度が高くなっています。

60センチ程度の体高を持つ大型犬

ジャーマン・シェパード・ドッグは、大型犬のカテゴリーに属し、オスメスともにおよそ60センチ前後の体高を持っています。
毛は短毛で茶色と黒色のミックスが多く見られます。
耳は三角形をしていて立っているのが特徴で、少し長めの鼻元によってすぐにジャーマン・シェパード・ドッグと見分けることができます。

体は全身筋肉に覆われていて、とても筋肉質であるという印象を与えます。
しっかりとした目つきをしていますので、慣れていない人が見ると怖いイメージを持つことも多いでしょう。
大型犬の中では小さい方ですが、体中の筋肉や顔の表情などのために、より大きく迫力のある感じがするのがジャーマン・シェパード・ドッグの特徴とも言えます。

性格は従順で愛情深さのある犬

このように、とても優秀で厳しい状況でも耐えられる強い犬というイメージが強いジャーマン・シェパード・ドッグですが、性格はとても従順で忠実ですので、家庭で飼うのにも適しています。
また、仲間を守ろうとする意識がとても強いので、飼い主とその家族に対する愛情が深く、何かあった時にはしっかりと守ってくれます。

知的能力がとても高いので、しっかりと訓練をすることで、いろいろな指示を聞き分けることができて、一緒に過ごすのが楽しくなります。
一般の人が簡単に入手して飼育できる犬種とは言えませんが、とても魅力的な特徴のある犬種ですので、機会があったらその交流を楽しみたいものです。