ジャイアント・シュナウザーの紹介

ジャイアント・シュナウザーとは

ジャイアント・シュナウザーはドイツ南部の地方で生まれた犬で、スタンダード・シュナウザーと大型の牧畜犬や牧羊犬をはじめとする複数の犬との交配の結果誕生しました。
このため、ジャイアント・シュナウザーはどのような天候のもとでも、家畜の旨を管理することができる優秀な犬となりました。

この犬はやわらかい下毛と、針金のように硬い上毛という性質の全く違う二層の形で覆われており、この2種類の毛の組み合わせのおかげで、厳しい気候にも耐えることができるようになっています。
また、硬い顎ひげと目の上の毛がこの犬の最も大きな特徴となっています。

性格

ジャイアント・シュナウザーは基本的に遊びが大好きで、いつも騒々しく動きまわりたがる性格です。
このため、子供のいる家庭の飼い主には最適な犬であるといえます。

この犬は飼い主とその家族を守るために勇敢に行動し、見知らぬ人には警戒心を持って距離をおきながら接するようにしています。
またこれゆえに、他の犬には攻撃的になる傾向もあるでしょう。

飼育のポイント

ジャイアント・シュナウザーは飼い主と一緒に出かけるのもとても好きなため、犬と一緒に旅行を楽しみたいという人にも向いています。
この犬を飼うときのポイントは、毎日激しい運動をさせてあげることです。
運動量の多いゲームを犬と一緒に行ったり、長めの散歩やハイキングをしてあげるようにするとよいでしょう。

暖かい地域であれば、家の外で飼うこともできます。

この犬の硬い上毛はケアをしやすいようになっていますが、もつれてしまいがちになるため、毎日ブラッシングをしてあげましょう。
食事をしますと口の周囲が汚れてしまうため、このあたりも清潔にする必要があります。
室内で飼っている場合は、定期的にシャンプーをして、ドライヤーでよく乾かすようにしましょう。

目と耳のまわりの毛は、先が丸くなっているはさみを使ってトリミングをします。
トリマーによるトリミングも定期的にしてあげるとよいでしょう。

成犬になると体の高さは70センチとかなり大きくなり、体重も50キロくらいになるため、散歩のときにリードを引っ張ってしまうくせをつけないように注意しましょう。

体重があるために、関節炎にも気をつける必要があります。

この犬は子犬の時にきちんとしつけておくと優秀な犬に育て上げることができます。
子犬のうちにしてよいこと、悪いことをしっかりと指導するようにしますと、飼い主の思う通りにふるまってくれるようになるのです。

ジャイアント・シュナウザーには優れた学習能力もあるため、しつけをするほど、どんどん賢くなってくれます。