グレイハウンド

グレイハウンドについて

人工的に交配された犬がサイトハウンドであり、その原型がグレイハウンドです。
古代エジプトやローマ時代から、グレイハウンドによく似た犬が壁画などに描かれています。
名前の由来は、ラテン語でギリシャを意味するグライウスに由来している、または上級を意味するグラディウスに由来しているとも言われています。

5世紀頃はイギリスで高い評価を受けており、庶民の間では野生動物を狩ることが出来る犬として、貴族の間では娯楽の狩りが出来る犬として重宝されます。
しかし1014年には法律が制定され、グレイハウンドを飼えるのは貴族階級のみとなりました。
しかし不具になったグレイハウンドはその他の人々でも飼えました。

この法律は400年間も続いたので、庶民の間にはなかなかグレイハウンドは広まりませんでした。
庶民の間でも狩猟犬は必要とされましたが、走り回るだけの犬では不足であり、常に狩猟犬として役立つ犬が求められました。

アメリカへ移住したイギリス人の中にはグレイハウンドを一緒に連れて行った人もおり、新天地に着くと野ウサギ狩りの能力を発揮します。
一般にも野ウサギ狩りが広まり、次第にトラック競技へと波及し、最後は競技犬として運命付けられます。

瞬発力を向上させるための交配が行われると、世界で最も早い犬となります。
ショードッグや競技犬として活躍するようになりますが、最近は愛犬家が引退した犬を飼おうとするようになっています。

性格や外見

速く走るために作られた犬であり、長い四肢とアーチ型の体は、まさしく自由に伸縮しすばやく加速できるようになっています。
細く伸びた脚によって、スプリンターとして素早く走っていきます。
そして長い尾は、方向を決定するときの舵やブレーキの役割を果たしており、滑らかな手触りです。
ショードッグと競技用の犬がおり、引退した競技犬は小型でがっしりしており、小動物などを追いかけることもあります。

外に行けば走り回るような犬ですが、家の中にいればソファーに座っているような一面もあります。
静かな性格でありマナーも良く、他の犬とも相性は良いですが、他の犬と飼うなら小さい頃から一緒でないと難しいでしょう。

見知らぬ人とは距離を置き、神経質な面もあります。
独立心が旺盛であり、飼い主を喜ばせることが好きな犬です。
もしも飼育するなら毎日運動させる必要があり、短距離を運動するのが向いているので、短い距離を走ったり、長めの散歩をさせるのが良いでしょう。
外だと何かを追いかけたりするので、安全な場所で遊ばせるべきです。

家の中ではくつろぎあまり動かないので、暖かい場所を用意して上げましょう。
毛はそえほど手入れは必要なく、時々ブラッシングするだけで良いです。