クヴァーズ

クヴァーズとは

クヴァーズは、チベットからトルコを経由してハンガリーに来た犬だと考えられています。

この犬の名前は、ハンガリー語ですが、元々はトルコ語のカワーズの武装して警護するという意味がなまったものらしいです。

15世紀後半には、血統種として扱われ、一時期は王室の一部の貴族のみに飼うことが許されるほどでした。

そして、繁殖は計画的に行われ、詳細は記録されました。その結果としてハンガリーの広い農園には必ずこの犬がいるようになります。

警備犬としても狩猟犬としても活躍し、熊や狼から農園を守り、自分よりも大きな動物にも立ち向かっていきます。

一時期は貴族にのみ飼われる番犬でしたが、その後は一般の人にも広がっていくようになります。しかし皮肉なことにこのクヴァーズという単語はハンガリー語では雑種犬という意味を持っています。

二度の大戦を経る頃には、この犬は激減してしまいます。しかし、ドイツにいたクヴァーズの生き残りが基盤となって繁殖されて、徐々にその数を増やしていきます。

そうして人々に広く知られるようになり、警備犬や狩猟犬としてはもちろんのこと、作業兼や番犬としても人々と生活するようになっています。

外見の特徴

どっしりとした体型でありますが、足の運びはとても軽やかです。耳はわずかに垂れています。

警備犬や狩猟犬といった家畜を管理する素早い動きは、多方面の犬種の血統から受け継がれたものです。

直毛とウェーブ状の2重構造の体毛を持っています。

性格

見た目はかわいいですが、優秀な番犬であり家畜や家族を守ってくれます。

近くに家族の子供がいれば、守らないという気持ちから優しく慎重に接しようとします。しかし警戒心は強いので、子供同士で自分の家族の子供が他の子供と激しく遊んでいると、攻撃している勘違いして襲いかかることもあります。

見知らぬ人には警戒を示し、知らない犬には攻撃的になることもありますが、家畜などには穏やかに接します。

家族には非常に忠誠心を示し、リーダーになりたがる犬もいます。

ペットとして飼う場合の注意点

毎日運動をさせるようにし、長めの散歩や安全な場所で思い切り走らせましょう。リードを付けて長時間歩かせるのも良いです。

寒い気候の方を好む傾向にあり、涼しい気候なら外で飼うことも出来ますが、家と外を自由に行き来できるようにしてあげましょう。

体毛は1週間に1回か2回ブラッシングし、換毛の時はこまめにブラッシングしてあげましょう。

しつけはしっかりと行い、トレーングをします。教える際には、飼い主は漠然とした態度で臨むようにして、上下関係をしっかりと叩き込みましょう。

寿命は9歳から12歳ぐらいであり、犬としては長生きします。