ロットワイラーの紹介

ロットワイラーとは

番犬や警備犬として良く見かけるロットワイラーはドイツを原産国とし、元来は牧畜犬や牽引き犬としての役割をになっていた犬種です。
オスの体高61~68cmで体重約50kg、メスの体高56~63cmで体重約42kgと大きな体躯で、力強さ、俊敏性、忍耐力を併せ持ったその風貌はまさに質実剛健といった感じです。
ロットワイラーは最も古い犬種のひとつで、その祖先は闘犬でした。
知能的に優れた面もあったことから牧牛犬として改良された姿がロットワイラーです。
闘犬の頃の名残を残して、背中と肩幅は広く、筋肉質で骨太、強靭な顎を持っています。
また、長く太い脚、太く大きい指が身体的特徴として見られます。

性格

性格も大胆で勇敢、他人に対して警戒心が強いことから一般家庭では番犬として飼われることが多くなっているのです。
ただ、そういった性質を持つ犬の特徴として、頑固な面や横柄な態度を取ることがあり、ロットワイラーも例外なく、そういった性質があります。
比較的おおらかですが力が強いため、トラブルを防ぐため社会性を持たせることが飼い主の第一の責任になるでしょう。
服従トレーニングを行い家族の忠実なる一員に育てることで、トラブルなく共に暮らすことができ、頼れる番犬として成長してくれます。
実際、飼い主に対しては従順で忠実なので、家族に危険が迫れば過度に守ろうとする傾向があり、強い味方になってくれるでしょう。
本来は牛などの家畜の群れを護衛しながら移動する犬種だったため、子供の集団を見かけると、群れとみなし管理するような行動が見られることもあります。
ちなみに警備犬として、より有名なドーベルマンはロットワイラーをシュッとさせたような風貌ですが、それもそのはずドーベルマンはロットワイヤーと他の犬種との交配によって出生したとの裏話もあります。

飼育のポイント

ロットワイヤーの飼育においては、活発で行動的な性格なのでストレスを溜め込まないように長時間の散歩が必要です。
また、知的な運動も取り入れてあげるといいでしょう。
日本では中々広い場所で遊ばせるということができませんが、暇を見つけてドッグランなどで走らせてあげてください。
その際は、しっかりと服従訓練をしておくことが大前提です。
また、比較的寒い場所を好み、暑さに弱いという面があります。
ロットワイラーは、特徴的な性質から犬を始めて飼うという人にはあまり向きませんが、もしも初心者が飼育する場合は信頼できるトレーナーの協力を仰ぎましょう。