セントバーナードの性質と飼育の方法を知りたい

セントバーナードとは

セントバーナード犬は数ある犬種の中でも最大級の大きさをしており、
体重は50キロから90キロ近くになります。

身体の大きさのわりには非常に温厚で心優しい性質をしており、
家族を喜ばせようと努力をします。

お子様とも、よく遊ぶので良いパートナーになれますよ。

飼育のポイント

セントバーナードの飼育の仕方は、
他の犬種に比べると難しいというわけではありませんが、
子犬の時にきちんとしつけをしておく必要があります。

きちんとしつけをしておかないと、
体が大きいため、世話をするのが大変になってしまいますから、
基本的なしつけはきちんとしておきましょう。

セントバーナード犬は体が大きいため、
飼育をできる環境のある方は少数だと思いますが、
飼育をしてみたいと思っている方もおられます。

少し太りやすいので、えさの分量をきちんと決めておく必要がありますし、
健康で長生きをさせるためには良質なフードを与えてあげることが大切です。

適度な運動をさせてあげる必要があるので、
涼しい時間帯を選んで散歩をさせてあげるようにして下さい。

とても愛らしい性格をしていますが、
体が大きいため小さいサイズの犬を飼育をするよりは大変なことも多いです。

飼育をしてみたいと思っている方は、
セントバーナードの性質や特徴をきちんと理解しておくこと大切です。

信頼できる獣医師を見つけておくようにして、
定期的に健康診断をしてもらったり、
年齢を重ねると歯の病気に罹りやすくなるので、
歯石除去をしてあげましょう。

基本的には外で飼育をする犬種ですが、
室内にも入れるようにしてあげると良いと思います。

セントバーナードは外国では救助犬としても活躍していて、頭の良い犬種です。

飼育をしてみたいと思っている方は、
信頼できるペットショップに行って、
相談をしてみると良いと思います。

健康で長生きをさせてあげるために、
清潔で環境の良い所で育ててあげて下さい。

比較的寒さには強いですが、
暑さには弱いので暑い地域で飼育するのは難しいと思います。

高齢になると病気に罹りやすくなりますから、
食事に気を付けてあげることが大切です。

とても魅力的な犬種で、美しい被毛をしています。

週に一、二回はブラッシングをしてあげるようにして、
抜け毛を取ってあげるようにすると犬が喜びますよ。

体が非常に大きいですから、お子様だけで散歩をさせるのは無理だと思います。

大人の方が責任を持って散歩をさせてあげるようにして下さい。