シベリアン・ハスキーの紹介

シベリアンハスキーとは

sibariann
シベリアンハスキーはまるで狼のような精悍な顔立ちとしなやかな体躯、
分厚くなめらかな美しい毛皮が特徴の大型犬です。

もともとシベリアンハスキーは、シベリアからカナダ・北極圏にまたがるいわゆるツンドラ地帯で生まれた品種で寒い地域を得意とする犬種になります。その目の周りを隈取された狼のような風貌とは裏腹に意外と社会性に飛んでいて人が大好きな協調性もあるのが特徴です。
先祖はスピッツと同じだと言われていますが、北極圏では古くから狩猟の友として飼育されてきました。

「動物のお医者さん」で人気に!

獲物を狩る時だけでなく、荷物を運搬するために反りをひかせるための用務犬として飼育されていたところ、
毛皮などを貿易する北米の商人が連れ帰りアメリカにも広がったとされています。
このシベリアンハスキーを一躍日本で有名にしたのは、佐々木倫子さんのマンガ「動物のお医者さん」です。

動物のお医者さんは獣医を目指す二人の若者のストーリーですが、実にさまざまな野生動物や家畜、ペット、患畜が出てくることで話題となり、
その中でも主人公が飼育しているシベリアンハスキーの可愛さに日本中が湧き、シベリアンハスキーブームを引き起こしました。
物語の中でシベリアンハスキーは同じ屋根の下で買われている猫や鶏、スナネズミとともに協調性を持って暮らしており、
また犬ぞりレースなどに挑戦する能力や体力があることも魅力的に描かれました。
まさに顔は怖いけれど気は優しくて力持ちというイメージがハスキー犬に付き、大きな人気となったのです。

実際に漫画の中では札幌でハスキー犬が買われており、その寒い環境はハスキー犬に合っていたのですが、
ハスキー犬を飼いたいということで全国で人気が出ました。
このマンガの後にドラマ化された時にはハスキー犬を飼育するのは
適切な環境でなくてはいけないという注意書きのテロップが出されたほどの人気が出ました。

シベリアンハスキーの逸話

このハスキー犬にはさまざまな逸話があり、かの有名な極地探険家アムンセンの探検の際の犬ぞりにも使われたほか、
アラスカのある市でジフテリアという病気が大流行をした際にハスキー犬たちの犬ぞりが極寒の氷点下50度のなか
犬ぞりで500キロメートルを超える距離を協力しながら血清を運び多くの方の命を救ったというストーリーも有名です。

シベリアンハスキーは犬ぞりやレースが得意な競争心がある傍らで人懐っこく、
仲間と認めた者にはとてもやさしく強調的という大きな魅力がある犬種なのです。