『アメリカン・フォックスハウンド』の紹介

アメリカン・フォックスハウンドとは

犬の種類は様々です。魅力的な犬種は、沢山います。
例えば、アメリカン・フォックスハウンドです。

こちらの犬種の魅力は、足の長さが魅力となっています。
良く似た犬種にイングリッシュ・フォックスハウンドという犬がいますが、
この犬よりも骨格が細く足が長いので、その足の長さの魅力に虜になっている方もいるほどです。

腰の辺りにも、魅力となっているアーチがあります。
このアーチにより、弾力性が高く、スピード感のある走りを見せることが可能です。
たとえ、足場が悪い場所であっても、腰周りのアーチにより安定感のある走りが出来ます。
皮毛は、硬く短い毛が全身に覆っているのです。

性格

アメリカン・フォックスハウンドを飼うのなら、しっかりと飼い方なども理解しておきましょう。
この犬種は、古い歴史からペットとして飼われていたのではありません。

本来は、狩猟犬として活躍していた犬種です。
しかし、ペットとして、飼うことが出来ないわけではなく、
正しくしつけを行うことで、人間との共同生活を楽しめるでしょう。

なぜなら、気質が非常に良い犬だからです。
とても、行儀が良い犬で、人間だけではなく、他の犬とも共同生活を仲良くできる犬種になっています。
感情の起伏も少ないのが特徴で、どういったことを考えているのか分からなくなることがありますが、
それが他の犬種にはない魅力といっていいでしょう。

忍耐強さとやさしさが感情の起伏を制限しているのかもしれません。
やさしさは、寛大さとなって現れ、飼い主との関係をより良い関係と導いてくれます。
本来、狩猟犬だったことから、運動量は多いです。
飼うにあたって、注意すべきことは、運動不足にならないようにしましょう。

飼育のポイント

毎日の散歩を必ず行うように心がけます。
散歩は、運動不足を予防するだけではありません。
飼い主とアメリカン・フォックスハウンドとの関係を深めるきっかけとなります。

散歩を行う時には、獲物を見つけてしまうこともあるでしょう。
この時、獲物を発見して、興奮してしまうことがあります。
飼い主の指示を聞けなくなった時、とても困ってしまいますから、最初のしつけが肝心です。

子犬の頃に飼い主の指示を必ず聞くようにしつけておきましょう。
これを行っておくと、成犬になって、獲物を見つけても飼い主の指示がない限り興奮することは最小限に抑える事が可能です。
他の犬種にはないやさしさを持っている犬種ですから、
飼い方を知るだけでも、その魅力を実感し最高のパートナーとなります。

—–