紀州犬

紀州犬とは

紀州犬は紀州半島を中心として、古くから狩猟犬として飼われてきた犬であり、狼と交配されて作られた犬です。

毛色は白であり、わずかではありますが有色犬もいます。

飼われてその能力を育てたのではなく、自然の中で完成された犬であり、忠実で従順です。

昭和9年には天然記念物に指定されており、紀州犬と呼ばれるようになります。その頃から日本全国へ広がっていくようになり、家庭でも飼い犬として飼われるようになりました。

昔から狩猟犬として猟師と共に何世紀にもわたり活躍してきた犬であり、先祖は紀元前の犬が元だと言われています。

狩りではイノシシなどの大型の動物にも襲いかかり仕留めようとしますが、体重差ではねとばされてしまうために、紀州犬の役割はこのような獲物を一カ所に止めておくことにあります。

ただし稀ではありますが数匹の紀州犬のみで獲物を仕留めることもあります。

一部の自治体では紀州犬を人に危害を加えるおそれのある特定犬として指定しており、土佐犬や秋田犬やドーベルマンと同じ扱いとなっています。

日本の一部では特定犬による事故も起こっていますが、口輪の装着などの規制はされていないのが現状であり、すでに規制されている諸外国と比べると遅れています。

外見の特徴

白い毛並みであり、すっきりとした鼻先に三角の細い目を持ち、特徴的な日本犬です。

硬い直毛と柔らかい下毛の2重構造の毛になっており、筋肉質のがっちりした体型です。

四肢の筋肉が良く発達しており、敏捷性もあります。

利口で忠実ではありますが、警戒心が強いです。

性格

イノシシ狩りなどで使われる犬であり、一時期は鹿狩りにも使われていました。

そのために、勇猛な性格であり、気性が荒い傾向にあります。躾を怠ると非常に攻撃的になります。

主人にとても忠実なので、番犬としてもとても優れています。また体は非常に丈夫で病気も少なく、手入れもしやすいです。

狩りをしている狩猟犬なので、体力や持久力があります。

ペットとして飼う場合の注意点

狩猟犬として山を駆けめぐっていた犬なので、毎日運動させるようにしましょう。

自分で温度調節は出来ませんので、暑い時期はコンクリートやアスファルトの温度が下がる時間帯に運動させるようにしましょう。

運動させた後は水タオルで軽く体を拭いてブラッシングすると良いです。

体にダニが付いた場合には無理に取らずに、市販のダニ取りスプレーなどを使って除去すると皮膚が化膿せずに済みます。

寝床は夏は涼しくなるような場所を確保してあげるのが理想です。

寿命はおよそ14年ぐらいです。人間に換算すると14歳は70歳前後にあたります。中にはそれ以上20歳や25歳まで生きる長生きの紀州犬もいます。