チワワ

チワワとは

a1380_000405
チワワは日本でも比較的早い時期から愛玩犬として人気の犬種でした特に1970年代からチワワを飼う家庭が急増し、
現在でもロング・コート・チワワは非常に人気があります。
日本ケンネルクラブの統計によると、トイプードルに次いで人気犬種ランキングの2位となっています。

チワワという名前はメキシコのチワワ州から取られたものですから、当然メキシコにルーツがあると考えがちですが、
実はそう単純な話ではないようです。もちろん、メキシコがルーツだという説もあります。
これはメキシコの先住民であるトルテカ族が飼育していた「テチチ」という犬がチワワの起源だという説です。
ことテチチという犬は非常に体の小さな犬で被毛が長く、
吠えることがほとんどない犬であるとされ、神の使いとして神聖視されていたということです。
実際、トルテカ族の墓からは死者とともに埋葬されたテチチの骨も見つかっています。

ただし、チワワについては中国が起源であるという説も有力と見られています。
これは、中国にいた犬がスペイン人の貿易商によって持ち出され、新大陸にいた小型犬と交配してチワワが
誕生したという説です。ただ、どちらにしても近年はメキシコなど中南米で多く繁殖され、それが19世紀になって
アメリカに渡り、そこでさらに小型犬に改良されて愛玩犬として人気となったということには間違いはないようです。

外見や性格

チワワの外見的特徴はやはり「小さい」ということでしょう。現在、チワワは全犬種のなかでもっとも小型であり、
大きくても3キロ以下、小さいものは1キロ台のものも見られます。
額はりんごのように丸みを帯びていて、アップルヘッドとも呼ばれます。
被毛は手触りがとても滑らかで光沢があります。チワワには被毛の短いスムース・コート・チワワと、
長いロング・コート・チワワがありますが、現在の日本ではロング・コート・チワワが人気となっています。

性格的な特徴としては、飼い主の愛情を独占しようとする傾向が見られます。
ですから、飼い主の愛情が自分以外に向けられていると感じると嫉妬して非常に攻撃的になることがあります。
しかし、裏を返せば深い愛情を注いであげれば飼い主に絶対の忠誠を示すということでもあり、
それがチワワの人気の要因の一つでもあります。また、マイペースな面があり、猫っぽい性格と表現されることも
あります。このため、躾をしようとしてもちょっと厳しくすると反抗したりするため、物覚えはあまり良くありません。

飼育のポイント

チワワを飼育する上で注意することといえば、やはり「よく吠える」ということではないかと思います。
あまりによく吠えるので「クラクション犬」とも揶揄されるほどです。
散歩をしていて他の犬に出会うと、自分を大きく見せようと威嚇して吠えたり、
飼い主を守ろうと容赦無く相手に噛み付こうとするなど、小さな体に似合わず気の強い一面を伺わせます。
また、体の小ささから骨格に異常に見られる個体も多く見られます。
中には頭蓋骨が開いているものもいるので、むやみに頭を叩くのはやめましょう。