ムディ

ムディとは

起源ははっきりとはしていませんが、ムディはハンガリーで数百年前から牧羊犬として活躍してきた犬が元となっていると思われます。ムディまたはムーディと呼ばれています。

この犬は1930年代にハンガリーを訪れた歴史学者によって発見されました。地元の羊飼いのところでプーリーやプーミーなどの犬を発見しますが、その中にこれらの犬と違う犬を発見し、この違う特徴的な犬を何匹か集めて繁殖させます。

こうして誕生したのがCanis ovilis Fenyesiという学術名を付けられた犬であり、現在のムディの元となっています。

牧羊犬としての能力はもちろんのこと、牛追い犬や護衛犬としても活躍しており、ネズミやイタチを見事に捕られます。

発見後は犬種として認定されましたが、それから程なくして、第二次世界大戦が勃発し、それによって個体数が激減しました。その後1960年になると、個体数を戻すための繁殖計画が行われ、姿形に関する規定も決められました。

そうして、ブラックおよびホワイトマールの単色およびオリジナルに近い毛色の犬がムディであると定められたのです。

近年では知名度も上がって、ドックショーにも出るようにもなりましたが、牧羊犬として飼われることが多く、一部ではペットとして飼われています。

作業犬としては、しっぽでバランスをとり、素早く走ることが出来、その能力は高いです。

原産国では数百頭しか個体がいないために、ムディを保護するための制度が徐々に整えられています。絶滅の危機は回避できていますが、依然として希少な犬です。

外見の特徴

見た目は日本犬と似ており、巻き毛がトレードマークです。個体によって巻き具合が異なります。

毛色はブラック系統が主流となっていますが、稀にホワイトの個体も存在します。

あごが頑丈であり発達しています。

性格

忠実で温厚な性格ではありますが、警戒心が強いです。しつけはしやすいく飲み込みも早いので、飼育はしやすい犬です。

勇敢なので護衛犬として優秀であり、どんなものにも恐れずに立ち向かっていき、ときにはイノシシに立ち向かうこともあります。

穏和な性格なのでペットとしても、また牧羊犬としても活躍します。

ペットとして飼う場合の注意点

しつけがしやすいので比較的飼育はしやすいです。

屋内ではもちろんのこと屋外でも飼うことが出来ます。

毎日の運動は欠かさず行うようにして、広い場所でフリスビーやボールを投げて取りに行かせるような十分な運動をのびのびと行える場所でさせてあげましょう。

週に1度はブラッシングをして毛並みを揃えましょう。特に耳の下やしっぽなどは念入りに行うようにしましょう。ときどきは抜けた毛を取り除くことも必要です。