ペキニーズ

ペキニーズとは

ペキニーズは非常に神秘的で謎の多い犬種です。
ペキニーズの代名詞は「門外不出の犬」であり、中国の歴代皇帝が寵愛したことでも知られています。

ペキニーズのルーツについてはわかっていない部分が多いですが、
一番有力な説としては、ヨーロッパのスパニエル犬の中でも比較的小さなものが、
シルクロードを渡って中国に入ってきたのではないかというものです。
また、別の説としては、チベットから中国に献上されたラサ・アプソがそのルーツではないかという事も言われています。

崇高な犬ペキニーズ

このように、不明な点も多いペキニーズですが、一つはっきりとしていることは、
中国で非常に大切にされ、庶民からは神のように崇められた存在であったということです。
日本で言うところの「生類憐れみの令」のような法律が中国にもあり、
ペキニーズに対して危害を加えたりすると非常に厳しい罰が与えられたということです。

ペキニーズは中国のラマ教と非常に関わりが深いと言われており、
1000年以上にわたって中国の宮廷内でのみ繁殖を許された、文字通り「門外不出」の犬でした。
ちなみに宮廷では、ペキニーズを狛犬に似た外見にすることを目的に繁殖が行われていたということです。
ペキニーズが初めて文献に登場するのは唐の時代と言われており、
この頃からかなり贅沢に繁殖が行われていたようです。管理も非常に厳しいものであったようで、
宮廷内の基準に合わない子犬が生まれるとまもなく殺されてしまうこともあったようです。

ペキニーズが中国皇帝から厚い寵愛を受けていたことを示すエピソードとして、西太后の死去の際、
葬儀において西太后の棺を先導したのが「モータン」という名のペキニーズであったということがあります。
このことからも、ペキニーズが神の化身として扱われていたことがよく分かります。

この「門外不出」のペキニーズが、アヘン戦争によってイギリスに持ち出されたのが1860年のことです。
ちなみに、中国皇帝はペキニーズがイギリス人の手に渡ることを恐れて、
ペキニーズのほとんどを処分してしまったということです。
しかし、生き残ったペキニーズ数頭がビクトリア女王の保護のもとで飼育され、
世界中に急速に広まっていくことになりました。

性格

ペキニーズは豊かで真っ直ぐに伸びた被毛が特徴的で、飾り毛も多く、皇帝の犬らしい「優雅さ」が特徴です。
鼻が非常に短いのも特徴で、この特徴はシーズーやパグにも受け継がれています。
体型は非常に小柄ですが、オスよりもメスのほうが体が大きいという珍しい犬種でもあります。

性格的には、お金持ちのボンボンのようなところがあり、自己中心的でマイペースなところがあります。
基本的には静かなイヌですが、気に入らないことがあったりすると無駄吠えをしたり、逆に無視を決め込んだりと、
相当に気分屋なところが見られます。そのためイヌよりもネコっぽい性格だと言われることもあります。
飼育する上であまり運動量は必要ありませんが、被毛が長いため、毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。
健康については、鼻の短い犬種によく見られる呼吸器系の病気に注意しましょう。