シルキー・テリア

シルキー・テリアについて

先祖の犬のヨークシャー・テリアがイギリスからオーストラリアに持ち込まれました。
スチールブルーとタンの毛が特徴的なこの犬に、ネイティブ・ブルーの毛を持ったオーストラリアン・テリアを掛け合わせて、毛の色をより美しくしようとします。
これらの犬は比較的最近になって登場した犬です。
そしてこれらの犬の交配によって誕生したのがシルキー・テリアです。

シルキー・テリアは、サイズも毛の長さも、これらの犬の中間であり、新しい犬種として認定されます。
そして交配を繰り返すことによって、さらに純血種を増やしていきます。
しかしシルキー・テリアはオーストラリアの2つの地域で開発されたために、それぞれの地域で生まれたスタンダードの犬が誕生し、体重の違いが目立つようになります。

そして1926年になると、体重に関しては妥協できる数値を定め、それを元にしてスタンダードなシルキー・テリアを決めました。
オーストラリアではシドニー・シルキー・テリアという名前で人気が出て、後にオーストラリアン・シルキー・テリアという名前になります。

アメリカには1955年に正式な犬種として認定されます。
稀な犬というわけではありませんが、愛犬家に浸透するまでには時間が少しかかり、現在はほどほどの人気となっています。
それは元々興奮しやすく攻撃的であると思われているために人気が低下しており、オーストラリアン・テリアなどの方が人気があります。
ただし現在は改良によって気質は抑えられて、かつてほど攻撃的ではありません。

性格や外見

作業犬として開発された犬であり、狩猟犬としての特徴も受け継いでいます。
洗練された外見であり、小動物だと仕留めることが出来る能力を持っています。
警戒に歩き表情は警戒心を見せるような険しい表情をします。
体毛は長くまっすぐであり、艶があり体のラインにそって流れるように覆っています。

その外見からは可愛く愛らしい印象を受ける犬ですが、実際には攻撃的であり好奇心旺盛な犬です。
遊び好きでもあり活発に動き回るので、テリアの典型的な犬の特徴を持っています。
また他の犬やペットに対しても攻撃的になるような場合もあり、頭の良い犬ではありますが、吠えたり威嚇したりするものもいます。

小型犬ですが、おもちゃで遊ぶぐらいでは満足せず、体を思い切り動かすような激しい運動をするのが好きであり、散歩をするのも好きです。
散歩をすればあちこち嗅ぎ回って落ち着きのない様子を見せます。
ある程度の広さがあるなら、庭や家の中でゲームなどを取り入れた運動させても良いでしょう。
毛は長いですが、手入れとしては1日おきぐらいにブラッシングやコーミングをしてあげると良いでしょう。