トイ・プードル

トイ・プードルとは

非常に体の小さく、愛嬌のある「トイ・プードル」は日本でも特に人気のある犬種の一つです。
プードルは体の大きさによって4つのクラスに分類されていて、
トイ・プードルはその中でもっとも小さいサイズのものを指します。

ちなみに、体高が45センチから60センチで体重が15キロから19キロのものを「スタンダード・プードル」、
体高35センチから45センチで体重が8キロから15キロまでのものを「ミディアム・プードル」、
体高28センチから35センチで体重が5キロから8キロのものを「ミニチュア・プードル」と呼び、
トイ・プードルは体高が26センチから28センチで体重が3キロ前後のものを指します。
最近ではトイ・プードルよりもさらに小型のティーカップ・プードルも人気となっていますが、
これはケンネルクラブで公認されているものではありません。

プードルというと非常におしゃれなイメージがあって、フランスの貴婦人の間で人気があったので、
フランス原産ではないかと思っている人も多くいるのですが、実際にはロシアが原産地ではないかという説が
主流となっていて、その後ドイツを経由してフランスに入ってきたと見られています。
ただし、ルーツについては不明な点が多く、おそらくは何種類のも犬が交配されて
誕生したのではないかと考えられています。

運動神経抜群なプードル

プードルは非常に泳ぎが得意な犬種であり、プードルという名前もドイツ語の「プデル(泳ぎが得意な犬)」が
由来となっています。ただし、フランスではプードルとは呼ばずに「カニシュ」という名前で呼ばれています。
中世のヨーロッパでは、プードルはウォータードッグとして狩猟の際に鴨を回収したりすることに使われていました。
また、体の大きいプードルは馬車を引く役目を課せられていました。
さらには、プードルは非常に頭が良い(一般的にはボーダー・コリーの次に頭が良いとされている)ことから
サーカスに出演することも多くなっています。プードルというと特徴的な毛の刈り込みを思い浮かべる人も
多いと思いますが、これは、サーカスのために生み出されたのではないかと言われています。

このように、フランスでは非常に人気の高いプードルでしたが、一方アメリカではあまり人気がなく、
一時は絶滅の危機に瀕した時期もありました。しかし、1940年代に体型の小さなプードルを代々掛け合わせることで
トイ・プードルを作り出すことに成功すると、一気に人気に火がつきました。
現在日本で人気のトイ・プードルもこのアメリカ型の影響を受けています。

性格や外見の特徴

トイプードルの外見の特徴としては、フワフワの被毛の独特のカットが挙げられます。
毛色はバリエーションが豊かで、白や黒、茶色や灰色、その他にもチョコレート色やカフェオレ色など様々あります。
トイプードルの場合はテディベア風のカットが人気ですね。
性格的には先程も書きましたが非常に賢いのが特徴であり、躾のしやすい犬種です。
ただし、神経質で吠えグセのある個体も見られます。
健康面では比較的丈夫な犬種で運動も大好きです。
体の小ささや健康さなど、日本の狭い住宅で飼うには最適な犬種といえるかもしれません。